好きなところでコマンドプロンプトを開く方法

Windows

アドレスバーを使う

エクスプローラーのアドレスバーで開けちゃうんです!

たとえば「C:\Windows\System32」を表示したエクスプローラーのアドレスバーに「cmd」と入力すると・・・

「C:\Windows\System32」がカレントディレクトリになったコマンドプロンプトが立ち上がりました!

他にもアドレスバーのトリビアが

ほかにも

Windowsのエクスプローラーにおけるアドレスバーのトリビアとして、以下の点が挙げられます:

  1. パスのコピー:エクスプローラーのアドレスバーに表示されているフォルダのパスは、クリックするだけでなく、直接にコピーして使うことができます。アドレスバー上でパスを選択して、Ctrl + C(コピー)を押すと、クリップボードにパスがコピーされます。
  2. パスの自動補完:アドレスバーにフォルダやファイルの名前を入力する際、途中までの文字を入力すると自動的に補完される機能があります。入力を途中まで済ませると、マッチするパスがドロップダウンリストに表示され、選択することで簡単に目的の場所に移動できます。
  3. ドラッグ&ドロップ:アドレスバーにフォルダやファイルをドラッグ&ドロップすることで、その場所に素早く移動できます。例えば、WebブラウザのアドレスバーのURLをエクスプローラーのアドレスバーにドラッグ&ドロップすると、そのURLが開かれるなど、便利な使い方ができます。
  4. アドレスバーで検索:エクスプローラーのアドレスバーでは、フォルダやファイル名だけでなく、キーワードを入力して検索も行えます。アドレスバーにキーワードを入力し、Enterを押すと、そのキーワードにマッチするフォルダやファイルが表示されます。

これらのトリビアによって、Windowsのエクスプローラーのアドレスバーはフォルダの移動やファイルの操作、検索など、便利な機能が備わっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました