Twitterの二段階認証の設定方法!SMS認証はおしまい!

セキュリティ

Twitter二段階認証

Twitterの二段階認証の設定方法!Authenticatorアプリを使ったものがスマート

  1. Authenticatorアプリのインストール: まず、スマートフォンのアプリストア(App StoreまたはGoogle Play)から、Google AuthenticatorやMicrosoft AuthenticatorなどのAuthenticatorアプリをダウンロードしてインストールします。
  2. 二段階認証の有効化: オンラインサービス(例: Twitter、Google、Microsoftなど)のセキュリティ設定にアクセスし、二段階認証を有効にします。
  3. QRコードのスキャン: セキュリティ設定を開くと、AuthenticatorアプリにQRコードが表示されます。Authenticatorアプリを開いてQRコードをスキャンします。
  4. 一時的な認証コード: QRコードをスキャンすると、Authenticatorアプリに対象のオンラインサービスのアカウントが追加されます。Authenticatorアプリでは、毎30秒ごとに変わる一時的な認証コードが表示されます。
  5. ログイン時の認証: 二段階認証が有効になっている場合、オンラインサービスにログインする際には、通常のパスワードに加えてAuthenticatorアプリに表示される認証コードを入力します。

これでAuthenticatorアプリを使った二段階認証が設定され、アカウントのセキュリティが強化されます。Authenticatorアプリはオフラインで動作するため、スマートフォンがネットワークに接続されていなくても認証コードを生成できるのが特徴です。セキュリティを重視するオンラインサービスでは、Authenticatorアプリの利用を推奨していることが多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました